美容外科とは

美容外科では、健康かつ正常な状態の人体をより見た目に美しくするための医療を行います。見た目を良くするという点では形成外科と同じですが、施術前の状態が正常か異常かで区別されます。日本における美容外科の歴史は浅く、1978年にはじめて標榜科として認められました。

治療内容としては、豊胸、二重瞼をつくる、鼻・唇・顎・耳の修正、また皮膚のしみ・あざ・傷跡の修正や、脱毛、腋臭の治療まで、広い範囲に渡り、美容皮膚科やエステの施術内容に一部重なる治療もあります。かつては、健康な身体にメスを入れるのはいかがなものかという倫理観のもと、美容整形は人知れずこっそりと行われたものであり、実際に充分な経験のない美容外科医による手術の失敗や、多額な手術代を請求されたりするトラブルが多発したこともあり、世間のイメージはあまり良くありませんでした。

今では、大学病院にも美容外科が置かれるなどし、世間から信頼を得つつあると共に、治療も身近なものとなってきました。顔に大きくメスを入れなくとも、レーザーによるしみ取りや脱毛も、美容外科によって行われる施術であることから、美容外科へのハードルは低くなっているといえます。一般の人に美容外科が身近になり、治療が多く行われるようになると、それに比例してトラブルの発生も増えています。その背景に美容外科の治療は、客観的な効果の評価が難しいことや、美容外科医の技術にばらつきがみられることがあります。