トラブルを防ぐには

美容外科にまつわる患者トラブルの多くは、期待にそぐわない仕上がりになった、想定していたより多額の治療費を請求された、など法的にトラブルを解決するには判断が難しい内容が多いのが実情です。

一方これらのトラブルの多くは未然に防ぐことが可能です。例えば、仕上がりの満足度については、患者自身の主観に大きく左右されるので、医師は後々患者から訴えられないためにも、あらかじめ、患者のイメージをしっかり聞きだし、その上起こり得るケースを細かく説明した上で、患者が理解していないようならば勇気を持って手術を取りやめるようにします。一方患者側も、手術の決定について医師側に一方的にリードされないように気をつける必要があります。

中には少しでも多くの患者を手に入れたいがために、上手なセールストークを駆使する医師もいます。
その結果、きちんと納得しないままに流されるように手術を受けてしまうと、こんなはずではなかったといった仕上がりや、高額な費用に困惑することになりかねません。訴えるにしても、医師側に明らかな過失がない限り、裁判で勝ち得ることは困難な上、労力や費用を考えると結局泣き寝入りすることになってしまいます。どんな小さな手術でも体を傷つけることには変わりがありません。患者側も仕上がりや費用について起こり得る可能性を詳しく質問し、納得した上で手術に臨む責任があります。このように事前に、医師が患者に充分な説明をし、患者がそれに納得した上で医療行為に臨むことをインフォームドコンセントと呼び、自由診療の上に効果の評価が難しい美容外科では特に重要なことです。